トップページ

【メッセージ】
2018年7月29日、東北大学男声合唱団 Chor青葉は紀尾井ホールでの東京演奏会2018を無事に終えました。出演者は80名。演奏会直前の台風や猛暑が続く中、お客様のご来場が懸念されましたがほぼ満席に近く、多くの方に聴いていただくことができました。たくさんの拍手と激励に対し厚く御礼申し上げます。

今年のテーマは「心のふるさと」。ミュージックアドバイザーの樋本英一先生指揮による男声合唱「Black Spirituals」と混声合唱「赤い鳥小鳥」、団内指揮者の嵯峨秀夫さん指揮による混声合唱アラカルト「帰るべきところ(ふるさと)」と男声合唱組曲「中 勘助の詩から」。いずれも演奏会のテーマにふさわしい内容でしたが、十分に歌い切れなかった曲もありこれからの課題と考えております。

アンコールでは樋本英一先生の指揮・指導で会場と一体となった「ふるさと」の合唱がホールに心地よく温かく響き渡りました。会場の皆様と気持ちが通い合った合唱にChor青葉の団員一同も深い感動をいただきました。

次回演奏会は2019年7月14日紀尾井ホールで開催いたします。男声、混声とも各2ステージ。樋本英一先生指揮による混声合唱「白いうた青いうた」、男声合唱「沖縄小景」、混声合唱「出発の歌」と嵯峨秀夫さん指揮による男声合唱「尾崎喜八の詩から」です。9月8日、東京演奏会2019へ向けて練習が始まり、練習終了後、キックオフパーティーで今後の健闘を誓い合いました。

Chor青葉の約束ごと「思いやりのある仲間で醸し出される雰囲気を大事に、豊かなハーモニーと高い音楽性を追求し、心に訴える音楽を創造する」を忘れずに練習に励んで参ります。「声を合わせ、歌を合わせ、心を合わせて」をいつも心に刻んで。

                              2018年9月  

世話人会代表 岩井純一